羽根田商会は生産性向上、コストダウン、環境対策をお手伝いする製造業向け専門商社です。

052-251-6354 クリックで通話アプリが起動されます。

採用情報

HOME 採用情報 新卒採用TOP社員の声

Interview

 

 

上へ戻る

営業部 係長 M
大学での専攻:情報理工学部(趣味:野球)
2013年営業職として入社、主に切削工具の営業職として活躍中

Q. どのような学生時代でしたか?

アルバイトに明け暮れるような毎日でした。正直、大学はアルバイトの次くらいで考えていました(笑)
アルバイトは居酒屋で大学が終わった夜遅くまで働いていました。イチロー選手にあこがれて始めた野球は今でも休日に趣味でやっています。チームで勝ったときの喜びと、負けた時の悔しさは語り尽くせません。 アルバイトも野球もそうですが、仲間とのチームプレーの大切さを学びました。

Q. 入社をして変わったと思う点は?

時間に対しての使い方や感覚が変わりました。
予定をあらかじめ立てて事前に確認をしておくこと、時間を守ることができるようになりました。学生時代は遊びに行くときでも特に予定を立ててから行くという習慣はなかったのですが・・・。
今ではしっかりその先の予定も立てることができるようになりましたね。
常に約束の時間の10分前には到着できるように意識をしています。おかげで学生時代のように遅刻をすることもなくなりました。

 

 

Q. 今後仕事でどのようなチャレンジをしたいですか?

取り扱っている商品を実際に使ってみたいです。機能や使い方は知っていますが、実際に使ってみることで新たな問題を発見したりなど、よりお客様の立場に立った営業ができるようになれると思います。
今のところはそのような機会はないのですが、積極的に商品研修に参加をしてチャレンジしたいです。

また、自分が先頭に立ってみんなをまとめられるようになりたいです。私は入社してもう六年目になるのですが、最近ではそのようにまとめ役を任せてもらえることも増えたので特にそう思います。自分自身がステップアップするための課題だと思って今後はリーダーシップを持って行動したいです。

就活生に向けてのメッセージ

その仕事が自分に合っているかどうかは実際に働いてみないと分かりません。
私が会社選びで重要だと思う基準はどんな人が働いている環境なのか、だと思います。
それは自分の考え方に近い人がいる、話しやすそうな人がいるなどでもいいと思います。会社説明会などで実際に足を運んで、会社の雰囲気などを実際に目で見て感じてください。そしてそこで働いている社員の人たちを見て、「この人たちと働きたい」と思える会社を選ぶことができると良いのではないかと思います。

上へ戻る

業務部 業務課長 K
大学での専攻:国際関係学部(バスケットボール部)
1999年営業職として入社、結婚を期に事務職へ異動
育児休業を1年取得し復職をし、2018年管理職に登用

Q 学生時代はどんな学生でしたか?

基本的に授業はまじめに受ける学生だったと思います。単位をしっかり計算しながら履修していました。授業以外の時間は部活とアルバイトに励んでいました。部活動は中学生からバスケ部でポジションはフォワードでした。
実家で母がお好み焼き屋をやっており子供の頃からよく手伝っていたので、学生時代は飲食店でアルバイトをすることが多かったです。
ちなみに佐藤社長も実家のお好み焼きを何回も食べに来てくれましたよ!

学生時代の部活動やアルバイトの経験からコミュニケーションの大切さを学び、やがてそれが就職活動や営業職に活かすことができました。

Q 羽根田商会初の女性管理職になるにあたって、努力したことはありますか?

何か特別な努力をしたわけではないです。
ただ、自分が「こうあるべきだ」という思いと、会社の方針の方向性をきちんと合わせて確実に仕事をこなしてゆこうというスタンスは、管理職になっても変わらないです。
管理職になって変わらなくてはいけないと思っていることは、目の前の問題をすぐに解決しようとするところですね。
目の前のことにすぐに走りがちになるところがあるので、それだけではなくもっと根本的なところにも目を向け、解決できるように していかなければいけないと思っています。

Q. 子育てと仕事の両立で大変なことは?

自分の時間がとにかくなくて大変です。
朝は5時半に起き、家事をこなしてから子供を保育園に送る。
今は子供がまだ小さくてなかなか思い通りにはいかないので朝は本当にバタバタで大変です。
夫も育児を手伝ってはくれるのですが、彼も同じ業界で働いているため出勤日が被ってしまうことが多いです。そうなると子供のトラブルなどにかけつけるためにどちらかが休まないといけなくなるのが大変です。子供が熱を出した時は、どんなに仕事が忙しい状況でも子供が最優先になってしまいます。その度に職場のみんなにサポートをしてもらっています。

羽根田商会は産育休や短時間勤務をサポートしてくれる会社だと思います。
個々に柔軟な対応をしてくださいますので、育児をしながら働きやすい環境です。

女性が妊娠をしたからその人はもう活躍できなくなるとは考えず、退職をしなくても良いようなサポートしていく体制が中小企業の中ではかなり整っているほうだと思います。
社員の中でも保育園待ちで育休から復帰できていない人もいるのですが、そのような人の復職を待っていられる状況というのはなかなかないと思います。

女性はライフイベントがあると自分のキャリアを諦めなくてはいけないのが世の中の風潮ですが、羽根田商会は長く働くことをサポートしてくれる環境です。

 

就活生に向けてのメッセージ

入社したばかりの頃は、敬語やマナーなどが上手くできずに苦労していました。
簡単なようで難しいことですが、当たり前のことを当たり前にすることができることが非常に大切だと思います。
部活動やアルバイトなどで多くの人たちと関わると思いますので、少し意識をして行動出来たらいいですね。

また、今まで新入社員や後輩に教育をして感じたことは、入社前に「こうなりたい」というビジョンがなく、なんとなく入社してしまうとその人はいつまでたってもアルバイト感覚で仕事をしてしまいがちだと思いました。例えば「三十歳になったらこんな人物になりたい」などという明確なビジョンを作ることが大事だと思います。どの会社に入社をしたとしても、自分のブレないビジョンを思い描くことが必要だと思います。

上へ戻る

営業部 主任 M
大学での専攻:法学部(趣味:バスケットボール・料理)
2014年営業職として入社 沖縄県出身。
現在は新商品や新規顧客を開拓するために日本縦断中。

Q. 大学時代はどのように過ごしていましたか?

大学1年生の時に一人暮らしを始め、部活動とアルバイトをしていました。飲食店でアルバイトをしており勉強もアルバイトも全力でした。
姉がやっていたことがきっかけで小学校からバスケットボールを始め、大学でもバスケットボール部に所属をしていました。
今も社会人チームに所属をしており、休日には大会などにも出場しています。ちなみにクラブチームの全国大会で準優勝でした!
チームのメンバーも全員社会人で年齢も職業もバラバラですが、多くの人たちとの交流を楽しんでいます。

 

Q. 入社をして変わったと思うことは何ですか?

一つ目はスケジュール管理ができるようになり、時間の使い方をキチンと考えられるようになったことです。学生時代は土日にだらだらしがちだったのですが、今では休日を充実させるように工夫しています。
仕事では、営業職なので次の取引先のアポイントメントがあるまでの時間の使い方などが工夫できるようになりました。

二つ目はコミュニケーション能力が上がったことです。学生時代は近い年代の仲のいい子とだけ話していても問題なかったのですが、社会人になると幅広い年代の方とお付き合いすることになります。さまざまな年代の方がいるのでいろんな方とお話しする機会があります。
その時にどんな人とも円滑なコミュニケーションがとれるよう気を付けています。

Q. 今後仕事でチャレンジをしたいことは?

今までは自動車業界の取引先と関わることが多かったのですが、自動車業界以外の食品業界、医薬品業界など今まで携わったことのない様々な業界で新規開拓に取り組んでいきたいです。

 

Q. 趣味は何ですか?

決して女子力アピールではないのですが(笑)、一人暮らしで節約のために始めた料理にハマっています。
入社当初はかなりボーイッシュなキャラクターでしたが、今では得意料理のグラタンも、もちろんソースから作ります。

ちなみに今は故郷沖縄での友達の結婚式に向けて筋トレ・食事制限 
などのダイエットも頑張って日々自分を磨いています!

就活生に向けてのメッセージ

学生時代のうちは色んなことを楽しんでください。
また新しいことにどんどんチャレンジしてみてください。
そして自分の魅力をもっと引き立たせてください。

上へ戻る

営業部 K
大学での専攻:社会系 趣味は釣り・サッカー
2015年営業職として入社 北海道出身。

Q. 大学時代はどのように過ごしていましたか?

中高が寮生活で、大学は一人暮らしをしていました。アルバイトは飲食店のキッチン担当でふわふわの半熟オムライスが得意です。まかない飯を自由にアレンジして楽しんでいました。シーズンによっては登山客を相手に山小屋でアルバイトをしたこともあります。

学業については社会系の学部だったので主に地域との関わりについての研究をしており、卒業研究では大学の案内図の作成と提案をしました。私の作った案内図は今でも母校に設置されています。アルバイトや学業ではたくさんの地域の人達と出会うことができました。
そこで得た経験を基に、大学を卒業した後は地域に貢献できるような仕事をしたいと思っていました。

Q. 入社をして自分が大学時代と変わったと思う点は何でしょうか?

人との関わり方が一番変わった点ですね。
営業職として働くうちに初対面の人でもコミュニケーションがきちんととれるようになりました。

他にはやはり時間の使い方が大きく変わりました。
アポイントの時間などはもちろんですが、時間の使い方をどのように工夫すれば効率よく行動できるかなどを、考えて動くことができるようになりました。

Q. 今後仕事でチャレンジをしたいことは何でしょうか?

今も少しずつチャレンジをしていますが、もっと新規開拓に力を入れてみたいと思います。
非常に大変で難しいミッションはありますが、商品の知識をもっと 深く勉強をして取り組んでゆきます。

Q. 趣味は何ですか?

釣りによく行っています。遠方の海にまでも釣りに行くぐらい好きです、暑さと日焼けの痛さに負けそうな気持ちを堪えて(笑)
自然の中にいることも楽しみの一つですが、やはり待ちに待った魚が釣れた瞬間の達成感を感じることができて楽しいです。
最近釣った魚は海でフグをたくさん釣りましたね、さすがにフグは捌けませんが釣った魚は自分で捌きますよ。
それも含めて釣りの醍醐味ですね。

次は川に行く予定です。

 

就活生に向けてのメッセージ

私は就活とは他人との勝負ではなく、自分自身を見つめる良い機会だと思っています。
自分自身の短所や長所を見極め、それを武器にしていくことが重要です。ぜひ自分の武器を見つけて頑張ってください。
羽根田商会の先輩方は明るく元気な人が多く、相談しやすい雰囲気の会社です。
何かわからないことや困ったことがあればすぐに相談できる環境でもありますし、新味になって応じてくれます。
入社後は新入社員をしっかりサポートしながら育てていくので、安心してください。
上へ戻る

ご依頼・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

052-251-6354 平日9:00~17:00